九州・沖縄「精力のつく食べ物」

九州・沖縄は子だくさん!?

九州・沖縄は少子化の日本の中でも子供の数が多いことで有名です。出生率が上昇している市町村ランキングで、トップ10までを九州・沖縄が占めています。

子育てしやすい環境があることはもちろんですが、セックスに積極的なのも一つの要因ではないかと考えられます。九州・沖縄には昔から精力の付く食べ物がたくさんあります。ここでは食の面から九州・沖縄カップルのラブラブの秘訣を学んでみたいと思います。

南九州の人はうなぎが大好き!

宮崎・鹿児島はうなぎの養殖がさかんです。県民もうなぎが大好きです。うなぎには精力減退に効果があるといわれる「亜鉛」が含まれています。

その他ビタミンA・B1・B2・D・E、DHA、EPA、良質なタンパク質などたくさんの栄養素が含まれていて、さらに消化によいという特徴もあります。 南九州にはうなぎのおいしいお店がたくさんありますので、ぜひ一度食べてみてください。

自然薯(じねんじょ)を食べる習慣がある

これも特に南九州に多いのですが、山に自生する自然薯(ヤマイモの一種)を掘ってきて、すりおろし、ごはんにかけて食べる習慣があります。

自然薯に含まれる豊富な栄養成分には新陳代謝を高め、細胞の増殖を助ける働きがあるといわれています。また、最近の研究では若さを保つために役立つ成分も含まれていることがわかっています。酵素を含むのでうなぎ同様消化に良いのも特徴です。

熊本の馬肉もパワーが出る食べ物

馬肉には30種類ものアミノ酸と鉄分が豊富に含まれています。熊本では郷土料理として「馬刺し」をはじめとする馬肉料理が昔から愛されてきました。

沖縄で古くから飲まれているハブ酒

ハブは精力が強く24時間以上かけて交尾を行うことで有名です。そのハブを泡盛につけたハブ酒は昔から精力剤として沖縄の人に愛されています。 ハブもタンパク質、カルシウム、リン、リノール酸、リノレン酸など栄養が豊富で、その上、体に吸収されやすいという特徴を持っています。

旅行に行ったときは、ぜひ、その土地の精のつく食べ物をためしてみてください。 それでもだめなら現代はバイアグラというよいお薬もあります。2014年にはバイアグラの成分特許が切れて、日本国内でもジェネリック品が登場するとのこと。ちょっとお高いという印象があったED治療薬ですが、これまでより気軽に利用できるようになりそうです。

男子が草食化している時代といわれていますが、セックスはカップルのコミュニケーションにとても重要です。子どもを持ちたい夫婦ならなおさらでしょう。九州・沖縄の子だくさんパワーにあやかって「肉食系カップル」を目指してみませんか?

Copyright© カップルで楽しむレンタカーの旅 All Rights Reserved.