開聞岳と砂蒸し風呂、指宿ドライブを楽しもう

薩摩半島の南端に位置する指宿市。島津の殿様が湯治場として使っていたことで有名です。「砂を掘れば温泉がわき出る」といわれ、九州でも指折りの温泉地となっています。

指宿は夏が最高です。山々の緑が鮮やかで、この土地の美しさがひきたつ季節です。各観光地をまわったら砂蒸し風呂でひとやすみ。ゆったりと南九州の旅を満喫しましょう。

イッシーにあえるかも!?池田湖

九州最大の湖で深さはなんと200mを超えるというスケールの大きさ。この湖で謎の巨大生物を見たという人が現れ、ネスコの「ネッシー」ならぬ「イッシー」と名付けられて、湖のマスコット的な存在となっています。2mを超える大うなぎが生息していることでも有名です。

流しそうめんのメッカ、唐船峡

唐船峡は毎日10万トンもの湧水が出ている、きれいな水に恵まれた土地です。その湧水を活かそうと、竹筒からそうめんを流して提供したところ、珍しくて面白いと評判になったといいます。 これがもとで「流しそうめん」が名物となり発祥の地と呼ばれるようになりました。

今はたらいの中をそうめんが回るという電動流しそうめんのスタイルとなっていますが、今でもたくさんの人が「流しそうめん」を目当てにやってきます。

亜熱帯植物を楽しむ、長崎鼻パーキングガーデン

亜熱帯植物の生い茂る園内に、リスざるや南国の鳥たちを放し飼いにし、ジャングルを再現した施設です。熱帯の楽園にいるような感覚にさせてくれます。

動物たちのショーが行われたり、ふれあいコーナーも設けられるなど動物好きの方やお子様にも喜ばれる催しがいっぱいです。また、ここからは「薩摩ふじ」とも称される美しい山、開聞岳を望むことができます。

めずらしい砂蒸し風呂を体験する

指宿では砂浜の下に温泉が湧いており、砂の温度がとても高くなっています。その環境を利用して砂蒸し風呂が昔から盛んに行われていました。日本で砂蒸し風呂に入れるのは指宿だけ。ここに来たらぜひ体験してみたいものです。

天気が良ければ波打ち際で入ることができますが、これもとても気分のよいものです。 平均50℃の砂の中に入ることで、血液循環が促進されること、かつ大量の汗をかくことでデトックス効果が得られるといわれています。

ただし、顕著な高血圧など、特定の持病をお持ちの方は、入れない場合があります。注意事項をよく読んでから入浴しましょう。 狭い範囲の中にお楽しみがいっぱいの指宿エリア。走行距離が少なくその分レジャーをたくさん楽しめるコースです。

Copyright© カップルで楽しむレンタカーの旅 All Rights Reserved.