春の観光を楽しむなら…

日本は四季がはっきりとしていますので、それぞれの季節毎にことなった旅行を楽しむことができます。ここでは日本の最北端の北海道と、最南端の九州の四季を比較してみましょう。 まずは、春です。四季の中でもこの季節がもっとも好きだという人も多いのではないでしょうか?気温的にもとても過ごしやすい時期ですので観光を楽しむには良いシーズンであるといえるでしょう。事実、このシーズンを狙って旅行へ行く人も少なくありません。

北海道の春

北海道の春は本州にくらべてやってくるのがかなり遅くなります。ですので、春の観光を楽しみたいのであれば、5月頃になるでしょう。ちょうどゴールデンウィークの時期にも重なりますので、計画も立てやすいのではないでしょうか。 北海道の美しい自然を楽しみたいのであれば、この季節がベストシーズン。雪も解け、美しい新緑を楽しむことができます。車窓の景色をながめながらのドライブもきっと盛り上がることでしょう。 また、冬の間は封鎖されてしまう、山沿いの道路も開通しますのでさらに便利で快適なドライブを楽しむことができるようになります。

九州の春

九州の春は北海道とは全く逆で、本州よりも早くやってきます。早い年であれば2月頃から梅の花が咲き始めることも珍しくありません。3月になると、いたるところで桜が満開となり、お花見を楽しむことができるでしょう。しかし、天候がとても不安定になる季節でもありますので、旅行へ行く際は雨具を用意するなど雨対策を考える必要があります。特に九州南部の屋久島や種子島、そして沖縄周辺などでは、晴れていても突然のスコールに襲われることがありますので注意が必要です。 また、沖縄では5月になればもう海に入ることができますので、一足先に夏を感じることができるかもしれません。ただし、同時に梅雨時期にもなり、また早めの台風がやってくることもありますので気象情報はこまめにチェックしておくようにしましょう。また、屋外の観光スポットが雨によって楽しむことができない場合にそなえて、雨でも楽しめる屋内のスポットも事前にチェックしておくと良いでしょう。

北海道、九州それぞれの春の楽しみ方があります。同じ春といっても、北海道と九州では全く気候が違っています。もちろん、本州とも違います。だからこそ、春の旅行は楽しいものなのかもしれません。

Copyright© カップルで楽しむレンタカーの旅 All Rights Reserved.