冬旅行を楽しむ

四季の中で、もっとも気候的に旅行に適していない季節といえば、やはり冬なのではないでしょうか。しかし、北海道や九州ではこの季節であってもしっかりと楽しむことのできるスポットが存在しています。 年末年始の休暇を利用して北海道旅行、九州旅行を計画してみてはいかがでしょう?きっと他の季節にはない新しい魅力に気付くことができることでしょう。

北海度の厳しい冬を楽しむ

本州に比べ、北海道の冬はとても寒さが厳しくなります。他の地域で暮らしている人からすれば、おそらくこれまでに経験したことのない寒さを感じる季節になるかもしれません。また、雪の量もとても多くなりますので、ドライブ観光を楽しむ際には細心の注意を払ってハンドルを握る必要があります。 しかし、北海道にはそんな冬ならではの楽しみがあります。その代表がウインタースポーツ。北海道はスキーやスノーボードをはじめとするウインタースポーツがとても盛んなエリアです。冬期五輪開催の実績もあるため、多くのスキー場が集まっています。もちろん、初心者向けの講習などが用意されているスキー場も多いですので、まったく経験がない人であってもすぐに楽しむことができます。 また、寒さが厳しい分だけ、鍋料理などの体を暖めてくれる料理も進歩しています。ウインタースポーツでお腹を空かせて、夜は北海道グルメを想いっきり味わいましょう。

九州の冬とは?

九州の冬はその地域によってかなり気候が異なってきます。北部や高所ではとても気温が低く、毎年多くの積雪が見られる場所もありますが、南部や沖縄などではそれほど著しく気温が下がることもなく、積雪もほとんど見られません。そのため、雪道に慣れていない人であっても快適な冬のドライブを満喫することができるでしょう。 冬の九州のお楽しみといえば、やはりグルメ。特に福岡で食べることのできるもつ鍋や山賊鍋などは冬のグルメの中でも最高峰といえる存在です。麺類であれば、長崎名物のチャンポンが冬のグルメと言えるでしょう。九州では、鍋料理のこのチャンポンの麺を使用することもあるほど、冬の食事には欠かすことのできない存在となっています。

このように、一見旅行には適していないかのように感じてしまう冬ですが、九州や北海道にはしっかりと楽しむ手段が存在しています。

Copyright© カップルで楽しむレンタカーの旅 All Rights Reserved.